特許権取得の必要性|特許申請(出願)、商標登録、意匠登録は、アイラス国際特許事務所(東京・渋谷・八重洲・千葉)

特許権取得の必要性|IRusアイラス国際特許事務所

  • HOME
  • 特許権取得の必要性

特許権取得の必要性

特許権を取得するメリット

・特許権に関する製品・製法の独占実施が、特許法によって保証されます。
つまり、御社の独自技術が含まれるオンリーワンの製品を独占販売することができるので、
他社との価格競争を回避することができるのです。

・特許権に関する製品・製法と同様の他社製品・製法に対して、差止請求や損害賠償等を行うことができます。
つまり、他社の現在・将来の動きを牽制しつつ、過去に御社に生じた金銭的不利益をその他社から保証してもらえます。

・「特許製品」や「特許製法」の広告は、市場から大きな信頼を得ることができます。
同じ商品でもこれらの言葉だけで消費者からの反応が大きく変わり、売上に貢献します。

・取引の現場で大きな信頼を得ることができます。
特許権を取得した=取引の安全が確保された、ということです。
取引者は、御社の製品が特許権侵害品だと思えば、御社製品がいくら優秀でも取引しないでしょう。
言い換えると、御社製品が特許製品だと思えば、御社製品の取引安全性が確保されたと推定できますので、スムーズな取引に
寄与することは容易に想像できるかと存じます。

特許権を取得するデメリット

・費用が掛かる。
日本国内での特許権取得には、70~80万円が必要です。
外国で特許権を取得する場合、その外国にもよりますが、1カ国につき約150万~300万くらいです。
御社の新製品がこの費用をペイできないほどの売上しかないのであれば、特許権取得はやめたほうが良いでしょう。

特許権を取得する本当の理由

特許権を取得する本当の理由は、他社に特許権侵害だと文句を言うためではありません。
御社製品と似たような製品を開発した他社から特許権侵害と言われて、御社製品の販売を差止されないためです。

新規開発した御社の製品や製法は、御社に多大な利益を継続的に生み出す金の卵になります。
そのような御社の製品や製法について、何らの防御策(=特許権での保護)を講じないというのは、他社に対して、
「弊社製品の類似製品を勝手に販売して結構ですよ。」と言っているようなものです。

しかも、勝手に販売されるだけならいざ知らず、同時期に他社が御社製品と似たような製品を開発した場合、
他社に非がない状態で他社が特許権を取得する可能性があります。

そうしたら、御社の金の卵(新製品)から得た利益の一部を他社に横取りされるばかりでなく、その他社から権利侵害だといわれ、
御社が売った分だけ損害賠償を請求されることも大いにあり得ます。

特許権侵害により損害賠償により会社が倒産した。
冗談抜きにそのような事態が生じることがございます。

自分の身は自分で守らなければならない。

これが知的財産法の基本ルールです。
そして、知的財産法を知らないからという言い訳は一切通用しません。

御社の新製品や新製法が特許権の取得費用に見合うものか否か。

弊所は特許に関する法的判断のサービスを行い、御社を全力でサポートします。
御社は、特許権による保護面と費用面を天秤にかけ、どちらのメリットが大きいかを経営判断してください。

無料相談受付中 TEL.050-3368-0421
PAGETOP/ページの先頭に戻る